月から届く・・・

おはようございます!しばらくブログをアップできていませんでした。

パソコンの調子が良くありません。なんか重いのです。

サクサク反応してくれない上に、操作する側(私)にも問題ありです。

こういった機器の取り扱いが苦手なのです。

 

そこで、私達は反対に操作される側。

魂と繋がりこの世で生きる(役目を果たす)ために、

見えない縦糸(自律神経)繋ぎ、幸せの流れに乗れるように、

そしてちゃんと役目を果たせるように操作されている(していただいている)

 

実は、これだけでも有難いシステムを搭載して誕生させてもらっているのです。

ほんとうは。

それだけで幸せなのに・・・人間は欲という(EGO)を持っています。

 

その、EGOも無ければ「無欲」になって、やる気もでなくなってしまうのです。

それでも、EGOをだしてはダメなんだと思い続けていると、

気力もすべてをなくしては、何もできなくなってしまいます。

 

そこで、良いも悪いもない、好きも嫌いもない、損も得もない。

「ZERO」にはいること。ZEROは無限の愛と光の領域につながる原点

「命の源」なのです。

 

丹田呼吸と瞑想で内外を入れ替え、「自分」という「EGO」を手放します。

例えば、パソコンが「上手くいかない」と、思っているのは「自分」だからです。

 

今朝、動きのわるいパソコンと向き合うことをやめ、

空の鏡のお月様と対話しました。

すると心の鏡が反応して胸腺が拡がると、二つの目を閉じ、心の眼が反応し

ただ中心に意識を向けるだけで「自分」が融けていくそんな感覚です。

(感覚を味わっているのも自分なので「そのもの」になっていきます)

それは、月そのものの感覚。

※愛するとは・・・相対するものと一つになる。

ここでいうと月と一つになり融け合っているのです。

 

すると、さっきまでのパソコンの重い波動で重くなった心を融かし始めてくれます。

「あ~生かされてるな~」と熱い想いがこみ上げてきます。

自然と声にならない感謝が波動となって溢れていきます。

 

その波動は、どこまでも拡がる光の波紋となってます。

その波動は、満ちては引く波のように、月の満ち欠けとなって光の導きとなり

こころのなかに優しくあたたかく包み込んでくれています。

 

夜明け前の静寂のなかで月との対話から、

沢山の気づきを与えていただけたことに感謝しています。

 

こうなると、パソコンの動きが重かろうと、遅かろうと全く問題ない。

問題は答えだったのです。

 

問題を問題にしている、小さく閉じ込めている心を開放しなさい。

月からそんなメッセージをいただけたようです。

 

私達は、日常のなかに沢山の気づきがあります。

気づけることに感謝して、愛を生きる(生かされる)人生。

ここからもっと、楽しくなっていくこと間違いない!

 

だって、身近にこんな沢山の気づきがあるのだから・・・

どこに行かなくても、毎日がパラダイスなんだと気づけます。

 

「天空方命術」の中で、松山先生が「人生すべてパラダイス!」。

そうおっしゃっていましたが、それがほんとうに実感できています。

 

ここまで鍛錬を積んで来たことが・・・実感となって顕わとなっていく楽しみ。

それが、またパラダイスとして「今ここ」に、

顕わとなって来ているような気がします。

 

私のなかにある「天空方命術」の花の種が多くの人のこころに光の種として

蒔かれていくことを楽しみに月を愛でながら・・・今日はこの辺で・・・

 

最後までお読みいただきありがとうございました。