虚空が拓いた

おはようございます!今朝は、ふと自分は何者なんだろう?

どこからともなく湧き上がる想いに静寂にはいります・・・

 

静寂に入る時、鼓膜が破れそうなくらいの圧迫感襲い掛かってきました。

深いところに沈んでいく感覚を覚えます。

 

まるで、イメージするものが肉体に現れるように・・・

これって、やっぱり内側に宇宙?

自分というものを超越した感覚がそうなのか?

 

。。。考えることを止めて内側に任せます。

 

頭の中が空洞状態になっていく感覚。

そこに射しこむ穏やかな光に溶け込むように・・・

 

光以外は何もない。でも何かを感じる、何かがある感覚。

 

ここが「虚空」?

分からない、そう思えばそうなんだろう。

 

すべてを知っている内側に任すだけ。

ただ、心地よくシーター波でいれることは確かなようだ・・・

 

だから、全てを委ねていく。

そう決めたと想えば、内側の反応が大きくなる。

 

穏やかな大きな波が押し寄せて来るように・・・

内側に優しく電流が流れて来るように・・・

 

そして、また静寂になり、韻を受け取っているよう。

 

押しては返す波が内側で起こっているようです。

まるで、自分が「海」になった感じ~~~。

 

ちゃんと対話出来ていることに、喜びを感じる。

感謝を感じる。祝福を感じる。

 

思考を超越した先にある「愛」を感じる。

感じる=想う。

感じるから想うのであって、思うから感じさせてくれている。

そんな感覚です。

 

光の自分に。そしてそれを完全融合するから、「そのもの」となる。

「そのもの」=「それ」(先日の松山先生のセミナーで話されていましたね)

 

自分基準を手放すと不思議な感覚を覚える。

この感覚にまだ慣れていないだけ。

この感覚が、本質的な感覚なんだろう。

 

この感覚をしっかり身に着けていこう。

松果体と胸腺をしっかり反応させていくと本質的な宇宙基準になる。

 

本来の自分(光)がそこに顕わとなり「導光」が、皆の「導幸」となるように・・・

輝く「幸珠庵」として・・・内側に誓いをたてます。

 

今朝は、瞑想時でなく、ふと椅子に腰かけたとき、それは起こりました。

普通の生活のなかで瞑想状態になっていました。

 

こうして、普通に特別なことをしなくても、意識と心と肉体の三位一体を

整えていると、いつでもどこでも私達は「至幸至福」を感じられるのです。

 

その状態に辿り着く、瞑想を極めていきます。

その前に吐く息、吸う息、丹田呼吸をおこないます。

 

さあ、今日も一日笑顔で愛を生きていきましょう。

あなたから、多くの愛が広がります♡~♡~

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

PS 先日は松山先生の「夏至あけ満月セミナー」に参加頂きありがとうございました。

先生の話術で多くの方がニコニコ笑顔で受講されていましたね。

その波動を受け取らせて頂きました。感謝

 

☆写真は先日の夕日だそうです。

生徒さんが送ってくださいました。皆さんもうっとりしてくださいね。