満月神化の目醒め

おはようございます!教室終了後昨夜の満月の写真になります。

はじめる前はおぼろげに雲が薄くかかったお月様を実際に皆さんと観てそこの月を心の湖に映し出しましょう。「明鏡止水」に入ります。そんな誘導をさせていただき開始させていただきました。

 

昨夜の満月巷では「ピンクムーン」と呼ぶそうです。

お昼正午に最大になったお月様は日が沈むころ私達のZEROの原点を龍が貫き

そして真夜中~朝太陽が昇るまでずっと一緒に見守り続けてくれました。

有難い限りです。そして、朝4時それが顕著に表れていました。

皆さんはどうだったでしょう?

 

まったく新しく生まれかわった目醒めは?

 

私達の細胞は瞬間瞬間生まれ変わっているのに、

肉体を持つ私達の「意識」が変わらない限り生まれ変わることはありませんね。

 

大切なのは「意識」だった。

ずーっとエネルギーという波動に教えてもらったいたのに気づくことなく時を過ごしていました。

でも、もう生まれ変わった私達は胸腺と松果体を復活させることで

真実をみて生きていくことができます。

 

真実は「愛と光」命の循環として遍く宇宙に存在しています。

その命の目的を知って生きることが至幸至福へとたどり着きます。

 

物質界での人生という色んな経験させてもらい、

ここから光としての人生を経験を積ませてもらえる喜びがあります。

今はすべてに光が当たっています。

過去も現在も未来もすべてが光に包まれています。

 

その感覚が五感を超越したところで感じているようです。

ひかり体の喜びが伝わってきています。

 

痛みや、苦しみすべてが有難いと感謝できた時、すべてから解放されていくのです。

人は悩み苦しむためにこの世に生まれて来ていません。

 

人は、愛を知るためにこの世に生まれてきて、その愛の偉大さを知ったとき

本当の感謝と祈りが内側から溢れ出します。

 

本当の愛を知ったときの感覚は計り知れない、何かが包み込んでくれます。

心は宇宙サイズにそして脳内は無限に広がったようです。

 

心より感謝します。ありがとうございました。

そして祈りは覚悟として心の中で唱えます。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。