余韻で・・・

こんにちは!昨夜の満月の有難いエネルギーは、月と完全に融合できました。

月の中に吸い込まれるように入り、そこにはちゃんと空間を創って招きいれて

もらえたような瞑想になりました。有難うございます。

 

誰が?招きいれてくれたの?そう思いませんか?

月の中でお餅をついてる兎さんでしょうか?

いえ、違います。ひかり体のあなたです。

 

ちゃんとスペースをあけてくれていましたね。

有難いですね。本当にセラームーンになりました。

 

以前からよく私は「月から来ました、セーラームーンです」

おちょけて言ってましたが、もうそれが現実化しました。

月の道を通り、龍が運んできてくれました。

いえ、龍になった。その方が正しいのかも知れませんが・・・

 

ここから、命の役目を果たすために、天空の筋書き通りに

この月から届く光を集め、与える導俱として生かされていくぞ!

 

こんな慈愛に満ちたエネルギーで生きていくことが出来るなんて

人間いつまでもやってたら無理なことですよ。そう叫びたくなってきました。

 

それくらい愛に満たされてしまうからですね。

有難いです。感謝しかないって、このことですね。

 

無条件の感謝とでもいうのでしょうか?

何か感謝出来ることがあって感謝するのでもなく、

何も起こらなくても感謝が溢れてくる。

この感覚は深いところから沸きあがって来ているような気がします。

 

この感謝のこころが、また感謝出来ることを呼び込むのでしょうね。

宇宙は循環している法則がここに表れて来てくれますね。

 

そして、私達という肉体を通して、感謝や愛のエネルギーに変換されて

地球に染み込んでいくのだと、セーラームーンが教えてくれました。

月のエネルギーは、地球にとっても、地球に暮らす私達にとっても

無視できないことを解った今、月としっかり向き合います。

 

愛を生きるって素晴らしいことなのに、なぜこんなに時間がかかったのでしょう?

それは、「自分」というものを手放すことが出来なかったから・・・

 

さあ、まだ手放せていない方も、月と付き合いながらいると

上手くタイミングをみて手放すチャンスを与えてくれますよ。

それは、あなたにとって絶好の時となるように、

いつも準備をしておくことが絶対条件です。

 

丹田呼吸と瞑想で、無色のこころを取り戻しZEROの原点にはいる。

その準備をしとくだけです。あとは喜びと感謝とお蔭様。

そして、すべてに祝福です。

 

これだけです!これだけでいいのです!

さあ、今すぐ取り掛かりましょう!

満月のエネルギーの余韻を味方につけて、この一瞬で変わることができます!

 

だって、ひかり体のあなたは、いつでもあなたを見守り続けてくれているからです。

気づいていないのは、あなただけでした・・・

 

 

さあ、今日はこのブログであなたはそのスイッチを入れることができます!

まだ間に合います!さあ有難い満月の余韻のエネルギーと一致しましょう!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。