「下弦の月」

おはようございます!今日「下弦の月」の日です。

空を見上げると太陽とお月様が時計の針の角度で言うと

10時10分位の針の位置に来ていました。

そのときのお月様の写真になります。

 

左半分が太陽に照らせれていますね。

もう半分は?どこに・・・

無いのでもなくあるのですね。

目には観えていない半分のお月様。

 

さあ、こころの湖に映し出してみましょう。

それがヒカリ体のあなたが観ているお月様です。

 

空に浮かぶ二つの目では観えない、半分のお月様。

ひかり体の自分と完全融合、陰陽合一のちからが強くはたらく日です。

 

こうしてみると、約1か月(月の周期でいくと28日)

新月から上弦から満月へ、そして下弦へと。。。

上になり下に、横になり、斜めになりずっと私達を見守りつづけてくれている

お月様。本質は地球を見守っているのですが・・・

 

その地球の住人である私達だから同じように

恩恵をいただいていたということですね。

 

でも、それは人間在りきでなく、地球在りきでなくてはならないのです。

ここからは「月の時代」として本質的なひかりとなり完全融合して

愛を生きていく時が来ました。

 

既に松果体と胸腺を反応させ、真実をみる目が開眼している方もいらっしゃいます。

この世のすべては愛であることを悟り生きていくときがきたのです。

 

まったく違う流れとなった今、戸惑いを感じている方もいらっしゃいます。

コロナ禍において、不安と恐れでなにも出来なくなっている方。

 

まずは、土台となる見えないところに意識を向けてみてください。

今日の半月のように、観えるところだけが月でなく、

観えていない、もう半分も月が存在していることを・・・

 

ずっと、二つの目で見ていた世界には、

まだ観えていない世界があることを・・・

今日の「下弦の月」の日に感じ取ってみませんか?

 

あなたのこころにはどう映るのでしょうか・・・

あなたの内側の反応は、真実を知っています。

 

月から届く有難き、愛と光のエネルギーを・・・

生かされていたことに、喜びと感謝、そして「お陰さま」(陰=月)

そんな気分になりますね。

 

だから、いつも有難いことか、感謝することしか起こっていませんね。

すでに、私達は有難いということです。感謝。

 

㎰、本日、夜の教室は打田生涯です。

「下弦の月・瞑想」をお楽しみに。中真に流れ込む愛と光を・・・