ヒカリ体から届く愛のエネルギー♡

 

こんにちは! 今、松山先生の開催セミナーが名古屋で終了したようです。

ヒカリ体で参加させていただいておりましたが、凄いシーター波の周波数で

とても心地よくこちらで受け取らせていただきました。

 

見えない陽訶璃(ひかり)のエネルギーは、まほろばのエネルギーでしょう。

とても、温かく、優しく、その中に強さを感じるエネルギーです。

 

今朝のヒーナ開催の教室でも、同じエネルギーが届き、瞑想では

お腹の中の胎児のような感覚で、皆さんもシーター波に包まれていました。

 

私達は、すでに有難いエネルギーの中にいることを、

先日の、秋分明けの満月以降、とても温かなエネルギーとして

今まで以上に有難く感じ、受け取らせていただいております。

 

「まほろば」そのエネルギーが、愛と光そのものであるからでしょう。

まったくのEGOのない、調和のとれた「常世」であることが

本質的に、内側の反応して顕わになっているようです。

 

眠気(シーター波)や浮力体として、とても軽く心地よく感じられます。

この状態では、生活するには、心地良すぎる感じです。

何も手につかないのでは不便ですね。

 

だから、「根っこ」「軸」「解放」が、しっかり出来ていなくては

ならないのです。

 

よく、松山先生が仰っていたのが、「根っこやで、根っこをしっかり張りなさいよ」

ほんとに私が方命術を始めたころ、何度も云われた言葉です。

 

そのことが、役目を果たす為には、必要不可欠であることがよくわかります。

ただ、エネルギーを気持ちよく捉えてしまうのであれば、EGOになります。

 

私達は、この宇宙からの遍く届くエネルギーを受け取り、

地球が受け取れる、愛の周波数に変換し、そして与える。

という「命の役目」だからです。

 

自分だけが心地よく、気持ちよく、最高!で終わらせてはならないのです。

この「まほろば」の周波数と地球の周波数を一致させるのが

私達、地球の一部分、細胞としての(人間)です。

 

私達が、細胞の役目をするということは、

「新陳代謝」を毎秒毎秒活、しっかりと行うようにするということです。

(細胞は私達の知らないところで、1秒間で500万個生まれ変わってくれているのです)。

 

だから、私達は生きていれるのです。と、いうことは・・・

私達が意識するところは、まず「吐く息、吸う息」の「呼吸」です。

 

その呼吸の周波数を宇宙の周波数「愛」に合わせます。

そのためには、無色透明の心「ZERO」でなければなりません。

 

ZEROにするために、「丹田呼吸」と「瞑想」です。

自分基準から宇宙基準、「宇宙由来」の私達に完全にシフトしましょう。

 

することは、ただそれだけなんです。

実は、ほんとうにシンプルなんですよね。

 

ここまで来るのに、難しく難しく考え出来ない、もう無理!

何度もそう思いました。

それは、「執着」という重いおもりが、いくつもぶら下がっていたからです。

 

それを、一つづつ切っていくのです。

最後の一つを切り離なせなくてもダメのです。

 

その最後のおもりが、なかなか切り離せなかった?

自分ではもうない。と、思っていたからですね。

 

でも、上手く浮き上がることが出来ないということは?・・・

そうです。

最後の一つは「自分」というものだったようです。

 

実は私達は、単なる「生命体」だったようです。

 

「自分」ではなく、「総て」なのです。

自分と対象となるものが「宇宙」にはないからですね。

 

全ては「ZERO」です。これが宇宙の摂理だからです。

ここを掴むと、最後のおもりが切り離され「浮力体」として

軽く浮き上がり始めます。

 

しっかり大地に根っこを張っていると

地球ごと持ちあがっていくという仕掛けです。

 

私達は、そのための「道具」として、

この世とまほろばの世を繋ぐ「柱」。愛の柱となります。

 

さあ、あなたにはあなたの「ポジション」があります。

このことが分かれば、まずはあなたの足元から始めていきます。

 

さあ、まずは「根っこ」をはるための準備です。

種まきの前です。土壌の状態をみてくださいね。

固くなっていませんか?

 

さあ、時間をかけてはダメです。さあ、今すぐ始めましょう!

 

「今が最高の時」です!!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最高のエネルギーのなかで、ブログを書かせていただけたことに感謝します!

ありがとうございました。

 

このエネルギーがあなたの内側に届きます♡

 

PS 写真は、いつかの夕焼けの空です。