流れを大切に・・・

 

こんにちは! 今日はもう夕方になってしまいました。

とても爽やかな秋晴れの有難い日曜日になりました。

皆さんはどうお過ごしでしたか?

 

本日も朝から、最高のエネルギーの中で教室を開催させていただきました。

もう「宝玉展開」や「龍雲手」といった気功の形も、

見えないエネルギーではありますが、感覚で一致していくと、

すごく流れを実際感じ取れるようになってきます。

本当に「龍」そのもの。

「宝玉」そのものが手の中に感じとれるようになってきます。

 

そうなると、「軸」も整い、流れるような動きがとても楽しく

また、凛としたスピリットが、実に心地よくなってきます。

 

最近はその辺を意識していただくためにも、

少し見直しながら指導させていただいております。

 

意識が高まると、動きがすごく変わってきます。

まるで内側のちから(エネルギー)が、私を動かせて来ます。

すると今日なんか、完全松山先生になっていましたよね。

 

喋り方まで変わってくるので、とても面白いですよね。

気づいた方は、面白いのか「クスッ」と顔が、

緩んでいる方もいらしたくらいです。

 

今日の教室も、大変素晴らしいエネルギーに満たされていましたね。

とても有難いシーター波のなかで瞑想となりました。

 

「命として生きる」喜びを内側から、胸腺を通し受け取っては

松果体が緩むような、求めることも、願うことも、望むことも必要としない。

ただ、感謝だけがそこにある感覚。

 

この世の現実に、こんな感覚になれるところを知れた喜びに歓喜する感じ。

「ぁあ~夢なら覚めないで~」という感覚。

 

ここから、感覚をまずは掴み一致させていきます。

「感覚」を掴むために「間隔」に気を付ける。

 

見える外側は、三密、「間隔」を開け、

見えない内側は、ヒカリと融合する「感覚」を掴む。

 

まったくちがう「かんかく」を自分の内側につくる。

その反応するところが、五感を超越した松果体と胸腺。

 

そのために、瞑想を極めていきましょう。

そのために丹田呼吸を極めていきましょう。

 

その前に軸を整える「ストレッチ」を極めましょう。

すべてのプログラムがとても大切なもです。

 

松山先生は、その重要な気功の形だけを選び、流れにしてくださっています。

基本でありながらとても重要ポイントが詰まった「気功教室」です。

 

だからこそ、たまに先生の光エネルギーは、参加指導に来てくださっています。

とても有難いことです。肉体は東京にありながらです・・・

 

「氣」の世界、波動をそのものが、成せる「術」ですね。

凄いですよね。そんなすごいことが、

これから皆さんも出来るようになるってことです。

 

特別なことはしません。ただ丹田呼吸と瞑想、そして感謝行。

そして、「ZERO」に入り、愛100%で生きる。

 

有難いエネルギーに感謝して、さあ、高めて命の役目「光の柱」となりましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。