シーター波生活

 

おはようございます! 今日は少し曇り空の和歌山です。

昼からは雨が降りだしそうですね。

 

お天気とは裏腹に、心はワクワクしています。

「想念力」で、すべてを叶えている未来の自分と完全融合していると

ほんとうにワクワク、ニヤニヤ「その気」になってくるのです。

 

それが、「そのもの」となっていくような感じです。

だから、常に「愛」を基準としたイメージを持つのです。

 

現状がどのようなことが起きていても、丹田呼吸法により

こころを軽くさせ、瞑想で高く高く次元をあげていくと・・・

さっきまでのこころの状態がうそのように消えていきます。

 

もうそこは、痛みも苦しみもない愛と光の領域だからです。

そこでしっかり、ヒカリ体の自分と融合させ、この現実の世で覚醒します。

 

その後です。大切なのは瞑想後の「意識」に注意です。

もう、瞑想後や朝の目覚めの自分は昨日まで、さっきまでの自分ではない。

 

完全に生まれ変わったいるのだと、まずは「想い込む」ことが大切です。

それが出来なければ、何回瞑想しても変わらないのです。

 

私もそうでした。気功を始めたころから瞑想でシーター波の領域には

わりと早くいけていたような気がします。

 

この世にこんな気持ちの良いところがあるんだな~

みんなここに来たらいいのに。そう思っていたのです。

 

でも、瞑想から覚醒すると、現実の問題がありました。

ずっと瞑想から覚めなければいいのに、そう思っていました。

 

でも、現実はそうもいきませんよね。

半分寝ているような状態で仕事もなにも出来ませんからね。

 

でも、日常のシーター波状態を維持していくのが「心」の状態なんだと

だんだん分かってくると、丹田呼吸でこころを宇宙サイズまで広げ、

瞑想で脳内をシーター波になっているそのままを維持するためには、

愛を基準にしなければ絶対無理なんだと気づけたのです。

 

現状に不安や、不満、嫉妬、恐れ、怒りなどマイナスな心では

宇宙の「愛の周波数」ではなくなるからです。

 

私達は愛で生かされているのです。

まず、しっかりその宇宙の大いなる愛をしることだったのです。

すべての「命」の素は「愛」であることをしっかり認識することだったのです。

 

そのことを掴めてくると、愛を基準にして日常を変えていこうと

思うようになってきます。

そして覚醒後もシーター波のまま過ごそうとおもうようになります。

 

どんなことがあっても、ここから降りないぞ!

そうも思うようになってきます。

 

だって、シーター波に包まれたままで一日を過ごしたいですよね。

一瞬、一瞬が、無限に繋がるZEROでいればいいのです。

 

そこが、あなたにとっての「楽園」に繋がる一点だからです。

誰にも入ることが出来ない、自分だけのZERO原点。

 

「ぁあ~今日も最高、ありがとうございます」

自然と感謝があふれてきます。

この波動があなたから周りへも広がっていきます。

 

こんな心の状態の人達が、少しでも多くいることで

愛のエネルギーの循環が良くなっていきます。

 

それには、私達の小さな心が、大きな宇宙の愛に変えなければならないのです。

 

共に調和の心を持ち、宇宙の意識を持つ、私達人間だったのかも知れませんね。

 

真実を見る目「松果体」が反応します♡

 

『今。この一瞬を愛に変えましょう』

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。