こころの針

 

おはようございます! 夜中3時前、頭上?いえ、天目で「ピカ!」光をキャッチ

目を瞑っていても見える光です。すると今度は遠くの方から「ゴロ!」雷の音。

 

自然界の大きな目覚まし時計で目を覚ました朝です。

秋らしい朝となりました。とても涼しい過ごしやすい朝です。

 

今日は、天極を目指す者達・天極への道「登竜門」が開催されます。

ここを通るためには、必要条件をクリアーしなければならない狭き門。

 

開催の合図が、夜中の稲光と雷で知らせてくれていたのだと思います。

緊張と楽しみでもあります。

 

そして今日は、「下弦の月」です。

縦横十文字・丹田の奥、ZEROの源を刺激してくれる有難い日です。

しっかり、軸を立てていきましょう。

 

先日、松山先生の青森での「まほら地」開放により、

エネルギーが軽く優しいエネルギーになっています。

 

これから、地球の「愛のエネルギー」を各地の「まほら地」を開放して

まわってくださいます。

 

そして、すでに新なエネルギーをヒーナも受け取っております。

それをこれから、教室で解放し循環させていただきますね。

 

すでに、教室に参加くださっている方は受け取ってお帰りになっております。

常に新たなエネルギーを循環させる「導俱」として役目を果たしていきます。

 

そのエネルギーの通り道として、ただ「在る」。

という存在が私達人間でなければなりません。

 

その役目を果たす生き方こそ、本当の幸せに辿り着く。

いえ、既に辿り着いている。すでに此処にある。

 

意識を変え、観ている方向を変えてみる。

心の針を「ZERO」にする。

 

そして、心を静寂にして瞑想してみる。

瞑想の前に丹田呼吸で内と外を融合(ZERO)にする。

 

常にこころの針をZEROにする意識が大切です。

何も考えないのではなく、考えてもすぐに感謝で手放しZEROにする。

 

さあ、今日もこころの針はZERO。

(ZEROは愛と光の領域)

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。