愛の奇跡

 

おはようございます! 写真は夏の花「ポーチュラカ」とても可愛い花ですよね。

オレンジ色がまた。燦燦と降り注ぐ太陽の光を浴びて綺麗に咲いていました。

打田会場の花壇に沢山咲いていました。

 

昨日は、サプライズ教室を開催させていただきました。

サプライズではありましたが、多くの方に参加いただき、

皆さんの意識の高さに感謝と感動しております。

 

以前から参加下さっている方は、ドンドン進化していこうという気迫を感じます。

また、その中に最近来られるようになった方がいても周りのエネルギーが

その方を引き上げていくのが分かります。

 

そうして愛のエネルギーが拡散されているので、まだ間もない方も

「今日の教室が楽しみでした。早くいきたいと昨日から思っていました」。

そんなメールを終了後に頂きました。

 

また、次を楽しみしてくださっています。

 

それぞれ、始めるきっかけは様々ですが、宇宙の無限の愛のエネルギーは

すべての問題を愛と光に包み込んでくれます。

 

あなたの問題が健康のことでも、家族のことでも、人間関係でも、お金のことでも

処方される薬は宇宙の「愛」なのです。

 

病院の薬に頼るまえに、自分に一番適した、あなただけの周波数の宇宙の愛を処方してもらいませんか?

 

そう、先日こんなことがありました。

その方は、5月頃から鬱という診断を受け、お薬を飲んでいらっしゃいました。

 

施術やセッション、丹田呼吸法の指導を取り入れて、

快方に向かい仕事にも復帰できるようになって来ていました。

ところがあることをきっかけに、また不安に少し陥り

眠れなくなってしまい、遂にまた薬に頼ろと思ったそうです。

 

でも、そこで私(ヒーナ)の「もう薬飲まんでも大丈夫!」。

 

笑って言ってくれた顔が、ふと過ったそうです。

 

だから、少し薬に頼るのを躊躇したそうですが、やっぱり薬を探したそうです。

でも、いつも置いている薬の棚に薬がない。

必死に探したそうですが・・・見つけることは出来なかった。

 

『おかしいな~いつもここにあるのに…』

 

諦めて布団に入った、何でないのか必死にかんがえていると

朝方になっていたそうです。

 

そして、翌朝その棚の上に薬が出て来ました。

 

「必死に探したのに見つからなかったのですよ」。

「不思議で仕方なかったです」。

 

「魂が、飲まないように消してくれたんやね、よかったね~」

 

「ハイ、本当にこんなこと起こるんですね」。

 

「そうですよ、氣が高まってくれば奇跡が起こり始めますよ」。

 

「そうなんです、聞いてください・・・」。

 

そこからも、その方の奇跡のような話がどんどん出てきて

その話をされている時の目はとても輝いていました。

 

5月に来てくれた時とは全く違っていました。

その方には、ちゃんとその鬱症状は有難いサインだったこと。

「命役目」を知るタイミングであったことをお話させていただきました。

 

だから、その病気のお蔭で、今まで以上に明るく元気に過ごせていけること。

そして、その方のご家族も元気になっていくのをみて「気功」いっておいでと優しく言ってくれるそうです。

 

子供さん達にも笑顔が戻ってきました。

お母さんが、暗い顔をしていると、子供達も暗くなってしまいます。

 

たっぷり、甘えさせてあげてくださいね。

そうお話させていただくと、「はい」と笑顔を返してくれました。

 

そして、なによりその方の魂が喜んでいるようです。

一つ暗いトンネルから抜けたような感じでした。

 

私達は、見えないものに生かされているから今があることを

忘れてはいけないのです。

 

ついつい、毎日の生活のなかで上手くいかないことが生じたりすると

愚痴や不平、不満を言ってしまいます。

 

そのエネルギーが結局、自分を苦しめることになる。

そのサイズが大きくなると、社会や地球と規模を拡大させ苦しめてきた人間のEGO

 

もう、地球もそのEGOのエネルギーを解放させていかなくてはならない時がきていることを知って、

まずはこのブログを観てくださっているあなたも、私達からEGOを手放すお手本となっていきましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。