朝食から感謝。

 

おはようございます! 今すごく眠たいです。

今日は二時半には目が覚めました。二度寝すると4時に起きれないので

先日の方命術DVDを観て、4時から瞑想に入りました。

 

以前と違い瞑想の感覚がちがうのでしっくりしないのが正直ですが

すべてを手放しているので、そこに感情はありません。

 

5時には朝食をつくります。

今日は、先日なすびときゅうりを沢山いただいたので

なすびと豚肉を少しいためお味噌汁をつくり、きゅうりの酢の物

だし巻き卵、じゃこに少し醬油をかけてご飯にのせていただきました。

 

以前の私(方命術を知らないころ)

5時は完全夢の中で、朝からご飯をたべることは絶対なかったです。

コーヒー一杯のんだらOKだったのです。

 

でも、やはり4時前から起きていると、流石にお腹がすいて来ます。

だから、私の場合、朝食が一番しっかりバランス取れた食事のような気がします。

 

今朝なんか、ほんと日本人に生まれてこれてよかったと感謝しました。

こんな美味しい白米をいただける有難さに感動でした。

 

先人は、こんな美味しいお米は食べれていないかもしれない

でも、今わたしは食べれている。

そう思うと、やはり感謝が出て来ました。

 

私達って、常に「感謝」をベースに生活をする(出来る)ようになっていますね。

少しの、意識の向ける方向を変えてみると有難い事ばかりなんだと思います。

 

ただ、それぞれ見る方向が違うから、感謝が出来ない。

当たり前のことなんだと思ってしまう・・・

 

そこで「感謝」に意識を向けるとは、「今」を知ることが

一番大切なのかも知れません。

 

「今」生きているということは、どこかで「今」死んでいる。

この繰り返しで宇宙は成り立っている。

そして、私達の細胞もそうであるように・・・

 

自らのこころが愛を知ったとき、自らの意識が愛に向いたとき

喜びと感謝が溢れてくるのだと思います。

 

外に感謝を探しに回る前に、内に向かうと見つけることが出来るでしょう。

静寂のなかでおこなう丹田呼吸から瞑想は、

最高の喜びを見つけることができるでしょう。

 

静けさのなかにある愛と光をみつけることができますよ。

 

もう、この感覚を実体としてつかみはじめると

目の前の悩みなんて「どってことない」そんな感覚になりますよ。

 

まずは、こころを愛で満たすことからはじめて下さい。

そのために、現実をみるのでなく愛をみる(ZEROにある)

 

もう、難しいことは考えず、ここにさえ入ればなんか知らんけど幸せなんや。

そう思い込んでみてね。

 

この感覚で、ここから生きていく私達が今ここにいます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。