「お蔭様」の一日。

 

おはようございます! 朝方4時過ぎ凄い風と雨。そして稲光。

瞑想中の出来事といえ凄い迫力に、少し興奮してしまいそうになりましたが

ここは、ちゃんと龍のエネルギーに合わせていると聴こえてきました。

 

龍のメッセージが・・・そして次第に龍に乗って私がその嵐のような中に突入状態。

 

あれ?静かです。そして穏やかです。

そうです、ようの気先生のフレーズで「雲の上はいつも青空」

「波の下は、いつも穏やか」まさしくその状態です。

 

現実の世界は荒れ狂っていましたが、穏やかな領域を実感させてもらえている。

見えているところだけで、すべてを判断するのでなく、

ZEROにはいると高いところに辿りつき、真実がみえて来ます。

 

時間を超越した、時空間のエネルギー。

 

時間の概念は一切なく、すべてがゆったりと流れている感覚だけがあります。

優しい光のなかにただ在る。

 

ほんとうの命としての自分は、ここにいるのだと確信へと変わりはじめていきます。

そして、そのものとなり生きる生き方こそが、本質的ないきかたなんだと深く

こころに刻まれていくようです。

 

今、地球は地殻変動しているようです。

そして、日本列島を縦断していくように、陰陽龍の力強いエネルギーを

実際感じました。

 

その途中に「近くまで来たよ~」そんな軽くはないけど・・・

 

龍が動けば、凄い勢いになり被害災害という見える形になってしまうことも

ありますが・・・

でも、とても中心は優しい愛のエネルギーにしか思えないのです。

(中心=愛=光)

 

見えない愛が、見える形となったときに、

被害災害として形にあらわれることもありますが、

私達は同じ生命体として愛を生きていきていきます。

 

私達が出来ることは、静寂のなかで「感謝」を溢れさすことです。

その想いが、愛のエネルギーと変換され、地球に染み込んでいく。

そのことを、知った私達です。

 

さあ、準備に取り掛かりましょう。

今日も「お蔭様」の精神で愛をいきていく、ひとりとして輝かせてまいりましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。