「下弦の月」

 

おはようございます! 下弦の月の日を迎えました。

すべては、「ZERO」という概念の中にありました。

 

今朝は、「迷うことなくこの道を進んで来なさい」はっきり聞こえてきました。

きっと未来の自分が今の私にそのまま進みなさい。

そう導いてくれたのだと思います。信じています。

 

よく、松山先生がおっしゃていたことを思い出しました。

先生はいつも「信じて進みなさい」

 

先生を信じて進むはもちろんですが、この未来の自分(見えない存在)

そこを一番信じて進むのだと、はっきり掴んだような気がします。

 

見えない存在、見えないエネルギー、掴みどころがなく

雲を掴むようなことですが、松果体と胸腺の反応がよくなってくると

ほんとうに真実が見えてくるのだと思います。

 

ただ、その時にZEROでなければ、色んな周波数をキャッチして

しまうこともあるのだと思います。

 

必ず「ZERO」チャンネル、愛チャンネルに周波数を合わすことです。

そのためにも、自分基準を手放すことが絶対必須条件。

 

すべてのEGOとは、自分のわがままだけでなく、

恐れ、不安、心配、嫉妬など、ひかりの自分にそぐわない周波数です。

不安や心配を持つということは、未來の自分が消えてしまうことになります。

 

未來の自分は、ひかりの自分だからです。

すべてと調和のとれたひかりの存在だからです。

 

愛しかしらない、愛を生き抜くすべてとしての私達です。

それが龍族、光の遺伝子の者達。

 

下弦の月は、陰陽合一。縦と横の交わる一点。

ZEROに反応します。内側の月としっかり融合させていきます。

 

すべては、手放すことからはじまります。

こころの中の想いすべてをクリアーにしましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。