「心の月」

 

おはようございます! 気持ち良いお天気ですね!

早朝、青い空に浮かぶお月様。明日は下弦の月を迎えます。

 

5月7日の満月から1週間、空のお月様と共に在る内側の月。

そうです、こころの湖に写る月と常に一致融合させていきます。

 

内外の月の周波数を融合させていくと、分離がなくなりひとつに

調和がおこなわれて私達本来の在り方となるようです。

 

思い出してきていませんか?

内側はそのことを知っていました。

 

今までの生き方が、常識だと思っていたのかも知れませんね。

すべて錯覚であり幻であることを知らず、私達は・・・

 

ここからは常識という概念でなく、ZEROとしての概念で生きて行く。

それは、縦と横の交わる一点。

陰と陽、二極に分かれる中心の光の概念です。

 

すべては、このZEROから創造されたということ。

すべての中心は愛そのもの、命そのもの。

 

このことに気づくためにずっと旅をしていたような気がします。

暗いトンネルをずっと抜け出せずにいたような・・・

 

でも、その先の光をみつけ、その光に一直線に進むことを知った。

今、これほどまでの「至幸至福」を知る。

 

至幸至福に至るには、思考至福の「思考」を手放すこと。

小さい頭で考えることを止めた、ここからは無限の頭脳にお任せしてみる。

 

ただ、それをおこなって生きようと思った。

その流れにはいったような感覚である。

 

見るもの、聞くもの、触るもの、すべては今までとは違う感覚である。

からだの間隔さえ違っている。

この手を動かせているのは誰?

内側から溢れてくるのは感謝と涙。

 

ほんとうの感謝は、この事に気づき、

真の役目を果たせることへの喜びの感謝であるような気がします。

 

今までの私ではまったくなくなっているのかもしれません。

呼吸をしているのも誰なんだろう?

そう思えてきます。

 

これが本来の純粋な愛の呼吸、命の呼吸、地球の呼吸のような気がする。

 

このために・・・この2020年~の、命で在り、

姿だったことに誇りを持ち、愛を生き抜いていきます。

 

これが、魂がこの肉体を使い、させたかったことことなんだと

深いところで思い出したような気がします。

 

そして、その意識に応えるよう愛を生き、

地球を見守る「心の月」として、今ここから歩き出します!

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。