「八十八夜の上弦の月」

 

おはようございます! 本日、夏も近づく八十八夜♪の「上弦の月」

夏至が近づいていますよ、ますますパワーアップして来ます。

そんなメッセージを頂いています。

 

このメッセージひとつにしても、捉え方は百人いたなら百通りです。

答えが在っても正解はありません。

それぞれの答えが導き出されてくると思います。

 

そこに、人間基準なのか、魂基準、宇宙基準なのか、

何のためのパワーなのか?

宇宙は、人間の為にパワーを与えて来ているのか、

誰のために、なんのために・・・

 

命としてまずは生きる。生かされる。

根底にあるものを忘れてはいけない。

 

そのことを思い出し、今日のお月様としっかり向き合い融合する

周波数になっているか、今一度こころの中を空っぽにする。

 

常に、念頭にこのことを忘れてはいけない。

ついつい、自分基準で考え、行動してしまう癖を手放していきます。

「宇宙ファースト」「地球ファースト」の私達でなくてはならない。

 

そのために、先人達が高めてきてくれているスピリットと一致させる。

そのためには、静寂のなかで行う丹田呼吸~瞑想。

 

丹田呼吸の効能は様々です。

健康になるための丹田呼吸。

美容のための丹田呼吸。

心の解放をするために行う丹田呼吸。

地球そのものとしての丹田呼吸。

月そのものとしての丹田呼吸。

 

様々ありますが、私達がおこなう丹田呼吸は・・・

「愛の呼吸」でなければなりません。

愛と一言で、言っても宇宙の「愛」慈愛そのものです。

 

常にZEROでなければならないということです。

 

「私」とおもっていたものを手放すと何も隔たりのない

「全て」がそこに現われます。

「すべてがひとつで、ひとつがすべて。」遍くいきわたる愛がそこにあります。

 

私達は既にその中に在ることをしります。気づきます。

感謝が溢れます。愛が溢れます。

 

この「愛」が「今」地球が必要としているエネルギーそのものです。

さあ、そのひとりとして、本日の上弦の月のエネルギーを内側に反応させましょう。

 

今、深い気づきをいただきました。

こうして、どんなときも気づきをいただけることに感謝です。

 

それが、今を生きている、生かされている、我々にとって

「至幸至福」なんだと気づくことです。

 

生きるとは、そういうことですね。

今を生きる、私達が出来ること・・・愛を循環させること。

 

PS 今日も最後までお読みいただきありがとうございました。