「退化した…」

 

おはようございます! 昨日の下弦の月のエネルギーが、しっかり内側に

反応させてくれたのか、今朝は目が覚めているのに肉体はベットに張り付いて

起きられない現象が起こりました。

 

全身に電流が走り、特に足の裏から入ってくるエネルギーが凄い

そして、頭の上まで突き上げてくる感じは今までに感じたことのない感覚でした。

 

新しい流れで、「天極」に向かって進みます。

全く、今までと違う自分になれていますか?

そう、松山先生は講座で言われます。

 

今までの自分という意識を完全に手放せている。

完全にZEROの状態になれば、未来の自分と融合して、

月を読み生きて行くためには、胸腺と松果体を反応させなければなりません。

 

先人は、そこを反応させ、宇宙と交信していた時代が

「縄文時代」だそうです。

 

その時の。遺伝子が龍の遺伝子として、私達の中にあるそうです。

その遺伝子を、目覚めさせるために、退化した胸腺と松果体を反応させます。

 

五感を通して見えないところをみるためです。

この世は、二極としの現実世界から、

ZEROの愛の世界をみるための第三の目。

その目を、取り戻すために瞑想をしましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。