「あまねく・・・」

 

こんにちは! 今日は冷たい朝になりました。

でも、心の中は花が満開の春の陽気がベストですよ。

 

「天空方命術」実践者にとっては、この2月(如月)の新月24日が

近くなって来ています。

月の如く生きていく、月と共に生きていく・・・

そう意識を向けると内側の反応が違ってきます。

 

ZEROに辿りついた者は、ここから完全に、

周波数としての存在として陽訶璃で、生かされていくそうです。

本来の自分の姿として、この地球の一部分として愛を生きていく。

 

私も以前とまったく違う、瞑想をしていました。

この感覚は、以前とちがう、瞑想している自分を

もう一人の自分が見ている。

 

そして、どこからか何やら聞こえて来るような・・・

その声は自分ではないが、自分が使われているような・・

私であるような、ないような・・・不思議な感覚

 

誰かに見られているような、でも私しかいないような・・・

光の所から見られているような、でも私もそちらを見ているような

これが、ヒカリの自分なのでしょうか・・・

 

でも、確かにいえることは、そこはとても気持ちの良いところでした。

ずっとそこに居たい感覚でした。

 

100%エゴを完全に手放したら、もう戻ることは絶対ないそうです。

そこが「まほら」の領域。

 

今もそこに意識を向けると、その周波数が波動となり

私の内側を通るのがわかります。

凄くシーター波になっていきます。

まるで、肉体を溶かしエネルギー体に変化するような感じです。

 

この幸せな愛の波動が地球が必要としている周波数。

やはりこのエネルギーを循環させるためには、「根っこ」が重要ですね。

 

自分だけが気持ちよくだったら、この感じでいいのでしょうが

これを循環させるとなると、しっかり根を張り周りの根にも栄養を

送れるように伸ばしていかなくてはなりません。

根っこを伸ばすためには、最高の周波数「感謝」を忘れず高めていきましょう。

 

幸せの波動は、周りへとひろがり、地球全体にあまねく行き渡ります。

それが、「ご神体」としての生き方です。

 

さあ、今日も高めてまいりましょう!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。