「如月の満月」

 

おはようございます! 今日は如月の満月。

如月(きさらぎ・にょげつ)と読みます。

(衣更着)厳しい寒さに備え、もう一枚着る。

(気更来)陽気がさらに入ってくる。そういう意味もあるようです。

 

気を高めていく私達にとっては、2月は「氣」を高めていくのに

もっとも適しているときだそうです。

 

外側が厳しい寒さでも内側はもうすでに

春が訪れて、満開の花が咲いているイメージを出来るか?・・・

目の前のことしか見えなくなってしまっている意識を完全に

解放できているか?・・・で、大きくここから変わってしまいます。

 

ここからは、「想念」=「イメージ」の世界です。

ZEROの原点に入っての想念です。

まずは、心の器を無限までひろげていきましょう。

 

ZEROに辿り着くと、「命」として生きている本当の自分となって

すべてを委ねることが出来ます。

そこには、不安も恐れも、苛立ちもない「愛」そのもののあなたがいます。

 

そして、すべての出来事に、善し悪しがないことを知ります。

ただ、私達は「命」としてすべてとして、生かされていることに

気づき、感謝があふれてきます。

 

そして、「魂」があなたを使い、何を「権現」してくれるのか

ワクワクしてきますね。

 

さあ、その最大なチャンスが、本日訪れました。

本日の如月の満月から降り注ぐエネルギーを大きな

心の器で受け取りましょう。

 

今日は「天空講座」もお昼に開催されます。

続いて、夜にはヒーナの教室もあります。

 

あと2席、空きがあります。是非参加くださいね。

 

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最高の満月、月から届けてくれる「命のエネルギー」をしっかり受け止めましょう。