「人生はアート作品」

 

おはようございます! 雲一つない空に浮かぶお月様。

その裏側にヒカリ体のあなたをみつけてください。

 

昨夜の満月のエネルギーをしっかり受け止め

朝を迎えられたみなさん。

内側の反応は大きく変わっています。

実態なき実感、実感なき反応、反応なき真実です。

 

私達は、宇宙からするとほんの一瞬の時を

この地球に来ているだけなのです。

それがあなたの人生の時間です。

 

その一瞬の、命の役目を果たしに来たことを

忘れてこの世の幻に飲み込まれていました。

 

この世に肉体という宇宙服を身にまとい降りてきました。

でも、心と意識は宇宙のものだったこと。

あなたは、昨日の満月で思い出したことでしょう。

 

かぐや姫のおとぎ話のように、月に帰る日が必ずきます。

それまでにあなたがしなければならない役目は…

ただ、宇宙の大動脈に繋がり、天と地、地球と宇宙を繋げ

愛のエネルギーを循環させる「愛の架け橋」です。

 

あとは、向こうがあなたを使って宇宙のアートを

完成させていきます。その作品は、

あなたの人生の光と影を演出しているのです。

だから、あなたの周りで起こる出来事は、

最高作品を創る途中だったのです。

 

松山先生は、このアートを「音楽」に例えて

面白くお話くださいました。

小さいころの音楽発表のシンバルみたいなものだと

あなたのパートが、その曲の1回だけ鳴らすシンバルでも

親はあなたが鳴らすのを楽しみしていますよ、

それを忘れてしまっては、親はがっかりしますよ。

あとで、先生に怒られますよ。(会場内爆笑でした)

 

宇宙からすると、その一回を鳴らしに地球に生かせたのに

何をしにいったの?となりますよ。ってことです。

 

私達の寿命は100歳と長寿になって来ていますが

宇宙からすると、ほんの一瞬、瞬きをしたようなものです。

その一回の役目をしっかり果たして生きたいですね。

 

いつ、その時が来てもいいように準備をしっかりして

中真から絶対ずれないことです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。