「韻」

 

おはようございます! 雲の流れが速くシャッターチャンスが難しい

写真になってしまいましたが、綺麗なお月様が、台風のあとに見ることができました。

お陰様で和歌山市は台風の影響も少なく良かったですが、各地大変な被害になってしまった方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

今日は先日「天空講座」で、先生がお話されていました。

「綺麗な風景の写真。月や雲の写真を撮って喜ぶだけでなく、

エネルギーを反応させたのであれば、ちゃんと役目を果たしなさい。」

 

今日のお月様はもう既に満月に入る大きさになっています。

そして、もうすぐ太陽が出てきて月のあかりは消えていきます。

この消え行くあかりのエネルギー(韻)をしっかり受け止めます。

 

韻とは余韻のことで、消えてなくなるときに放出されている

エネルギーを知っていくことが大切になります。

まさしく、見えないエネルギー(ヒカリ)を生きて行く者としては…

 

(ある・ない)(有る・在る)みたいな感じです。

有るは見ることができる(物質)

在るは見ることができないが存在する(エネルギー)

私達の住む次元は(陰と陽)の二極です。

この二極の中真がゼロ原点になります。

在るのでもなく無いのでもなく存在するところ

(ゼロ)(ゼロ領域)・(空)(空間)

お分かりいただけますか?

こんな感じの(韻)です。

 

ここを生きていくためには、今までの固定観念など

手放さなければ入れない領域ですよね。

 

でも、ドンドン私の内側はそこにシフトしていく感じです。

昨日の台風が通過?(風雨が強くなって来た時)、私の意に反して

丹田呼吸をさせられている。こみ上げてくる感情と涙。

 

ここで大切なのが、瞑想中やエネルギに一致させ共有

したのであれば、今度は私達がオキシトシンとして

返還し地球に放出させていくのが役目となるのです。

 

2020年愛を生きていく人達が増えていくことを

地球は期待してくれています。

 

その為に、今回の大きな台風というエネルギーになって

宇宙空間に存在する月から放たれた龍が雲を集めながら

地球の上空をグルグルまわり消えていったのでしょうね・・・

 

これほどの巨大なエネルギーを宇宙空間は必要としていたのだと

私自身気づきを得たような気がします。

ここでまた魂の声・「分かったのであれば、すぐ感謝して手放しなさい。」

 

そして、ここから・・・

この消えて無くなったあとの(韻)を私達が高めていかなければ

ならないのです。これが「共に生きる」ということだと

月から教えてもらえた朝になりました。

 

毎日が目の前の現実の忙しさに心が奪われてしまいますが

こういった、宇宙の営みがあって私達は地球に暮らせていることを

やはり意識する時が来ています。

 

明日の満月、今回の龍の置き土産をこのブログを今

見てくださっている方から地球のために私達が出来ること・・・

「愛・オキシトシ」に変換させていきましょう♡

 

その役目を果たしていくことで私達は、

この宇宙と地球の「光の柱」となります。

 

PS 私達の見えない愛のエネルギーですが、微弱ながらでも今回

  被害を受けたところにまで届くことをお祈りいたします。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

被害のなかった和歌山市から愛を放出いたします♡