愛の道。

 

おはようございます! 4時過ぎ和歌山市では風が少し強くなり

雨も降ってまいりました。風の音は上空に龍がグルグル回っている

そんな音に聞こえています・・・

 

私達の五感で感じるもの(味覚・臭覚・触覚・視覚・聴覚)

これらは生きているからこそ感じるものです…

 

ここを超越するとどうなる?

意識さえなくなり肉体すらなくなり…

神になる、仏になる、愛になる、光になる…

ただ在るになる・・・

 

この状態が寝ている時におこなわれ

真の瞑想の時におこなわれている状態・・・

 

何を望むのでなく、求めるのでなく、願うのでなく

ただ在る状態です。

 

私達は見える現実に振り回されているに過ぎないのです・・

そこに「意味」をつけ悩み苦しんでいる生き物です。

 

もうその「意味」すら手放せば(解放)させればいいだけ

それさえ出来ないのであれば「意味」を変換させればいい…

 

宇宙の最強周波数の「感謝」に・・・

この世は「感謝」しかないのだと「意味」づければいい…

 

そして不安になんかなる必要がない「大丈夫」なんだと・・・

自分を「安心」させてあげればいい。

 

もっと自分を愛してあげればいい…

今、あなたは一瞬だけ悩みを経験したかっただけ

それも悪いことではありません・・・

自分を攻める必要はありません。

ただ愛するだけでいいのです。

 

難しく考えるのをやめて「息」に意識を向けてみる…

息は自らの心…そして丹田呼吸をはじめてみる…

深く深く今の想いを手放すように吐く息、吸う息をただ繰り返す。

 

外に向けていた意識をすべて内側に向けるだけ

必ず光があります。答えがあります・・・

 

一生懸命にすればするほど空回りするときは…

 

一度止まればいい、止まることを恐れず

走るのを止め、その場で足踏みすればいい

そして呼吸を整え、また歩みを進めればいい

あなたの歩む道はあなただけが通る道だから

何も心配いらない「愛の道」だから・・・

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

少しお天気が荒れそうですがお気をつけお過ごしください。