闇と光。

 

おはようございます! 写りがよろしくないですが…

栗の木です!秋を感じますね、犬の散歩コースを少し変えて

みたらこんな小さい秋みつけた♪でした。

 

さて、今日は「みつけた」にちなんで

自分の内の「光」をみつけた…お話にします。

 

気功教室をする時によく「丹田の奥の小さな光の一点」

と、言ってますが…

この、光をイメージする時、周りは暗黒でそこに

針の先穴くらいの光をイメージしていると思いますが…

 

その小さな小さな光の向こうに拡がる光の世界

そこが「まほろば」「まほらの陽訶璃」だと『天空方命術」では

伝えて頂いております。

 

この光は「闇」の暗さが在るから「光」が見える…

光を「みつける」ことができるのですね・・・

 

闇を恐れるのではなく闇があるから…

光に感謝する(できる)ような気がします。

 

夜の暗闇があるから月のあかりに感謝できる・・

月がどれだけ昔の人達にとって有難いものだったか

よく分かりますね・・

 

この世はすべて二極(陰と陽)このトリックに

引っかかてしまうのですね・・

 

月と太陽は仲良しいつも太陽の光をあびて月は輝き

昼間もずっと人知れず月は輝きながら地球を見守り

生命も見守ってくれている…もう感謝しかないですね。

 

そして私達が出来ること全てを飲み込み光に変える

生き方。相対するものをひとつに融合する生き方。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

素敵な一日をお過ごしください。