梅雨入り合間の空

こんにちは。梅雨入りしました近畿地方ですが、今朝は太陽がさしてとても蒸し暑い日になっています。今日はタイトルにしました、合間・「間」(ま)について書かせていただきます。

 

まず、私達は宇宙空間・「空間」にある地球という星に誕生させてもらっています。

そして「時間」という概念で「人生」という時間を生きて(生かされて)います。

(生まれてから死ぬまでの時間)

【間=あいだ/ま 間=真ん中=ゼロ】

 

このことに少し関心を向けてみましょう。

 

宇宙には時間の概念がなく「時空」という時間も空間も超越している無限のエネルギー

(素粒子)が光の速度で飛び交って進化・成長・発展をし続けています。

 

そんな図り知れない宇宙のエネルギー空間の地球に誕生させてもらえたことが

一番の奇跡だと思います。

小さい頃にどうして自分がここにいるのだろう?

なんの為に生まれて来たんだろう?

誰がこの体をつくったのかな?

なんて考えたことなかったですか?

私はありました。

両親に聞いたこともあったような気がしますが答えはあやふやだったのかな…

きっと両親も答えにするのは難しかったと思います。

 

でも、私は「天空方命術」と出会い全てを解放していくなかで気づきがおこりました。

内なる力(光)が皆の中にあること、それをなんのために使っていくのか。

今その力を発揮する時が来ていること、その力は時の(間)の今ここで使われることを...

 

この力は今、生命として生かされている私達人間がその役目(力)を果たす時なのです。

それが(間)=ゼロを活きる生き方だと思います。

 

常に心を解放し(無色透明)で喜びと感謝の中でその力は表れ(顕われ)ます。

 

見えないエネルギーが強くなってきています。

宇宙空間は、その見えないエネルギーで雲を呼び雨を降らせ、

風を起こし空間を洗い流し全てを浄化し常に進化のエネルギーを循環させています。

 

人間にとりこの梅雨の季節はマイナスイメージですが、

地球全体にとってみると有難い恵みの雨になることを意識してみてくださいね。

 

そして、常に見えないエネルギーがこの地球と共に在ること・・・それは・・・

あなたの細胞の中心で反応するエネルギーです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。